Top >  エステ派?家庭用派? >  エンダモロジーとメソセラピーの違い

スポンサードリンク

エンダモロジーとメソセラピーの違い

エンダモロジーと同じく脂肪を減らす目的で開発されたメソセラピーはフランス発です。メソセラピーは薬液を皮膚下に注入して部分痩身させる美容整形法で、脂肪溶解注射とも呼ばれています。

メソセラピーは脂肪溶解注射と言われているように、脂肪そのものを分解して溶かす効果のある薬液を注射して部分痩せを実現します。脂肪細胞そのものが減って、なくなるので痩身できるわけです。

メソセラピーは手術のように大掛かりではなく、痛みもなく、施術時間も5分〜10分程度ととても短いことが特徴です。

メソセラピーはエンダモロジーと同様、部分痩せの効果を上げるためには2〜3回の施術が必要といわれています。エンダモロジーと同様にセルライト除去の効果があるメソセラピーは、施術後にスリム効果が持続するところもエンダモロジーと同じといえます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 家庭でもエンダモロジー  |  トップページ  |  次の記事 エンダモロジーとカーボメッドのセルライト除去  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asagi.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/937

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「エンダモロジーで頑固なセルライトにSAYONARA」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト